ロングテール現象

ロングテール(the long tail)現象とは、主にネットにおける販売における現象で、商品単位の販売数量が多い売れ筋商品よりも、販売数量が少ないニッチ商品群の売上合計額が上回る現象のことを指します。

Wired誌編集長のクリス・アンダーソンが最初に提唱されたと言われており、販売数量を縦軸に「売れ筋商品」と「その他商品」を横に並べた際に、1つ1つの販売数量が少ない商品郡が、低く横に長く続き、恐竜の尻尾に見えることから、ロングテール(長いしっぽ)と称されました。

ネットビジネスが発達する以前の実店舗では、売り場面積や在庫スペース等の物理的制約があり、全体の商品の2割が売上の8割を稼ぎ出すいわゆる20-80の法則を当てはまりました。しかし、ネットビジネスでは、このような制約がありません。少量多品種の商品をデータベース上で表示して、受注後に出荷対応すれば、物理的制約をうけずに多品種商品の拡充が可能になります。

オンライン書店Amazon.comやDVDレンタル店Netflixの成功を説明するために用いられたのが最初だと言われています。

頭文字:|